屋根、外壁、塗替え真夏編 | 外壁塗装なら川越のスマイルペイント|埼玉・川越・鶴ヶ島市・坂戸市

h_contact_on

屋根、外壁、塗替え真夏編

一昔前は夏は暑くて足場が建つと余計暑苦しい、うっとうしい、少し涼しくなってからとか、多くありましたが、近年は気象が変わり猛暑が多く、逆に夏場の塗り替えの方が窓を締め切っており室内でエアコンをかけているので、臭い匂いも入ってこないので快適という方もおります。

 

また、飛散防止ネットがすだれ効果を発揮して、夏の強い日差しを遮ってくれるのです。また夏場の塗装は感想が早いのでダレ(塗料が涙のようにたれてしまう)や、ミミ(ローラー塗の重なり部分の山) ハケ目(ハケ塗りの後に出る線や筋)気を使わないと行けませんでした。ところが最近のプロ仕様の塗料は、夏用と冬用に分けられており、夏用は乾燥が遅く、冬用は早くなるように作られていたりします。

 

塗装職人さんはただ壁に向かって塗装作業をしているように見えるかもしれませんが、壁の材質ゃ時期にあわせて適切な材料を選び、材料にあわせて適切な施工をすることをこころがけています。

 

屋根塗装の場合は朝晩の涼しい時に施工したり日中は太陽の直射されていない壁から施工したり、考えながら,このお宅が長持ちするようにと心を込めて施工しております。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
スマイルペイント
TEL:0120-306-471
お問い合わせはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016.06.16

ページトップへ