塗装は下地処理が重要 | 外壁塗装なら川越のスマイルペイント|埼玉・川越・鶴ヶ島市・坂戸市

h_contact_on

塗装は下地処理が重要

外壁塗装や屋根塗装をするにあたり、まずは、水洗いでコケやカビ、泥汚れ等をしっかり洗い落としますよね。(洗浄と言います)

 

その後に木部、鉄部の塗装前にする下地処理としてケレン(磨き)をします。

塗装前の1番大事な作業で基本中の基本です。傷んで浮いている塗料を剥がしたり錆びてガサガサになっている部分をガリガリこすって磨きます。プラスチック等ツルツルの面は、目荒しとしてサンドペーパーで磨きます。(塗料の接着性をよくするために行います。)

 

ケレンのやり方は1種~4種までの段階があって使う道具も機械もたくさんあって奥深い作業です。種類としては、マジックロン、サンドペーパー、皮すき、ワイヤーブラシ、スクレーバー、ケレンハンマー、デスクサンダー等。

 

塗料は、人の手が加わって初めて塗装として完成するものです。

塗料の耐久性も大事ですが綺麗で長持ちさせる一番の秘訣は手間ひまを惜しまない職人さんの仕事が決め手です。私たちはいつも一生懸命ただそれだけです。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
スマイルペイント
TEL:0120-306-471
お問い合わせはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016.06.20

ページトップへ